スカイタウン水戸三の丸 使用細則


スカイタウン水戸三の丸所有者は、居住者の共同利益を守り、快適な共同生活を維持
するため、スカイタウン水戸三の丸管理規則(以下「管理規則」という。)第19条に基づき
次の通りスカイタウン水戸三の丸使用細則(以下「本管理規則」という。)を定める。

(管理者の事前承諾を要する事項)
第 1 条 居住者は、次の行為をするときは、事前に管理者に届け出て、その承諾を得
    なければならない。
(1) 他の区分所有者又は占有者に迷惑を及ぼすおそれのある専有部分の営繕工事
(2) 電気、ガス、給排水、通信等の諸設備の新設、増設及び変更
(3) 多量の廃棄物を廃棄するとき
(4) 大型金庫重量物の搬入、据付、移転等建物に影響を及ぼすおそれのある行為をするとき

(塵芥処理)
第 2 条 区分所有者及び占有者は、塵芥の処理について次の事項を尊守しなければ
    ならない。
(1)可燃物(紙屑.台所の生ゴミ.プラスチックゴミ等)は、各居住者自身で
   所定の紙袋に入れ、指定日にゴミ置き場へ持参し置くこと。
(2)不燃物(ビン.セトモノ類等)は、指定日にゴミ置き場へ持参し置くこと。
(3)ゴミ置き場は、常清潔に保ち悪臭の発生しないように注意し、近隣居住者に迷惑をか
   けないようにすること。


(専有部分及び専用使用部分の使用)
第 3 条 居住者は、スカイタウン水戸三の丸の専有部分及び専用使用部分の使用にあ
    たり、次の行為をしてはならない。
(1) 管理規則に定められた用途以外の用に供すること。
(2) 共用部分に影響を与える変更をすること。
(3) 建物の主要構造部(建物の構造上不可欠な柱、壁及び梁をいう)に孔をあけたり、
       切削することなどの行為をすること。
(4) 専用部分の外観、形状を変更すること。
(5) 犬猫及び他の居住者に迷惑又は危害を及ぼすおそれのある動植物を飼育、研究すること。
(6) 他の居住者に迷惑を及ぼす雑音、高音を継続的に発すること。
  尚、床のフローリング化等専有部分改修工事で床遮音性が異なるような場合は、
   『日本建築学会の遮音性能基準L−45』以上とすること。
   (専有部分改修に関しては管理規約附則(専有部分の修繕等)に則り承認が必要)
(7) テレビ、ラジオ、ステレオ、各種楽器等の音量を著しく上げること。
(8) 騒音、振動または電波等により他の居住者及び近隣居住者に迷惑をかけること。
(9) 構造体を損傷するおそれがある重量物、危険物、多量の引火または発火のおそれのある
       物品もしくは不潔、悪臭のある物品を持ち込むこと。
(10)専用使用部分の材質、外観を変更する事。
(11)バルコニーの改造、出窓の新設やサンルーム、物置等これに類する構造物を構築
       または設置すること。
(12)バルコニーまたは窓から物を投げ棄てること。
(13)バルコニーに突風、強風の際、落下、飛散等他に害を及ぼすおそれのある物を放置
       すること。
(14)駐車場以外の場所に自動車を駐車すること。
(15)自転車置き場以外に自転車を置くこと。
(16)駐車場及び敷地内で洗車を行うこと。
(17)その他、公序良俗に反する行為および他の居住者に迷惑、危害を及ぼす行為をすること。
(18)その他、管理組合が禁止した事項。

(共用部分の使用)
第 4 条 居住者はスカイタウン水戸三の丸の共用部分の使用にあたり、次の行為をし 
    てはならない。
(1)受水槽、ポンプ室、電気室、その他立入禁止場所等危険な場所に立ち入
   ること。
(2)屋上に立ち入り、使用すること。
(3)共用部分に展望鏡、無線用アンテナ、投光器等を設置すること。
(4)共用部分に物品を放置すること。
(5)階段等火災発生など緊急時の避難通路となる場所へ、たとえ一時であって
   も私物を置くこと。
(6)敷地及び共用部分等に看板、掲示板、広告、標識の設置等工作物を築造し、  
  又は共用部分等に傷をつけ、文字、絵、記号を表示すること。
(7)敷地に粗大ゴミ等を放置しないこと。

(バルコニー等の清掃)
第 5 条 各区分所有者及び占有者は、使用するバルコニー等及び駐車場について自 
       らの責任において清掃しなければならない。

(注意事項)
第 6 条 各区分所有者及び占有者は、次の事項について注意並びに協力をしなけれ
    ばならない。
(1) 各占有住戸については、必ず施錠又はドアチエーンを装着し、防犯に留意
     すること。
(2) エレベーターは自動運転となっているため、過重の場合にはブザーが鳴 
     りますので、無理な乗り込みは避けること。又、異常の場合には機内に
     備え付けのインターホンで連絡し、その指示に従うこと。
(3) エレベーターの内で喫煙は絶対行わないこと。
(4) 幼児がエレベーターを使用するときは必ず保護者が付き添うこと。
(5) 各廊下等の共用部分の清潔保持については、各自にて協力すること。(出
     前物等の空容器は、室内に置くこと。)
(6) バルコニーの排水口にゴミが溜まると降水時に雨水管が詰まり、専有部分に損害を
       招く原因となることがある為、各自が随時清掃をすること。
(7) 水洗便所は水溶性の紙以外は使用しないこと。
(8) ドアの開閉は静かに行うこと。
(9) コンクリートの部分は水を浸透するので、漏水には特に注意すること。

(災害防止)
第 7 条 区分所有者及び占有者は、防犯.火災予防に特に注意し、建物内における防
     火装置防災.及びその操作方法を熟知するとともに、次の事項を尊守及び協力
     しなければならない。
(1) バルコニーは、開放廊下と同様に緊急時の避難通路となる為、物置等は
     絶対に放置しないこと。
(2) 避難する場合は必ず、窓、扉を閉めて延焼を防ぐこと。
(3) 万一に備えて、避難方法等を調べておくこと。
(4) 新たにガス器具等の持ち込みをする場合には、必ず、ガス会社の点検をうけた器具
    を使用すること。
(5) 防災、防火訓練には、極力参加し、これの行事に協力すること。

(管理者への届出事項)
第 8 条 区分所有者及び占有者は、次の行為をするときには事前に所定の書面にて管 
     理者に届け出でをしなければならない
(1) 長期不在
(2) 引越.移転.売却


(違反に対する措置)
第 9 条 理事長は、居住者が使用細則第1条から第8条までに定める事項に違反し
     又は違反するおそれがあるときは、当該居住者に警告を行い、又は中止
     させ、若しくは原状回復を求めることが出来る。
     2.前条の措置に要する費用は、すべて当該居住者が負担するものとする。

(損害賠償の請求)
第 10 条 理事長は、前第一項に定める警告を行い、又は中止させ、若しくは原状
     回復を求めたにもかかわらず、当該居住者がこれに従わないときは、損害賠償  
     の請求をすることが出来る。
     2.居住者の訪問者がこの使用細則に違反する行為をし、これにより他の
     居住者の住戸及び共用部分に損害が生じたときは、その理由の如何を問わず
     当該居住者は、その訪問者等と連帯して損害賠償の責任を負うものとする。

(改 廃)
第 11 条 この細則の改廃は、理事会の決議を経たのち、総会の決議を得るものとする
     この場合において総会の決議は、議決権を有する組合員の4分の3以上の賛成 
     により成立するものとする。

 付  則
(使用細則の施行)
第 1 条 この使用細則は、管理規約の施行の日から施行する。



履歴:
・H2,11,21 発行。
・H22.1.24(専有部分及び専用使用部分の使用)第3条(6)改訂。

Copyright (C) by Skytown Mito Sannomaru.